学費の安い漫画の専門学校を探すにはどうしたら良い?

最近では大学でも漫画学部が設立されたり、専門学校が多数開校されるなど世間からの漫画に対する関心は高まり続けています。これから学校で本格的に漫画を学びたいと考えている人は多いでしょうが、多くの人はやっぱり学費が気になる事と思います。できるだけ学費が安い専門学校を探すにはどうしたら良いのでしょうか。

漫画の専門学校の学費の相場

一口に漫画の専門学校と言ってもそれぞれの学校でコースや講座の数やカリキュラムの内容なども大きく異なります。その学校のコース内容などによってもばらつきはありますが、大抵の場合、漫画の専門学校に掛かる学費の相場は200万円から250万円ほどです。特別高いというほどではありませんが、安いというわけでもなく、他のジャンルの専門学校に通うのと同等の学費が掛かってしまうということは良く分かります。最近では漫画家を目指す方向けのコースだけではなく、イラストレーターやキャラクターデザインなどを担当する方のための講座も増えており、それらを選択するとトータルの学費は大きく変わってくるかもしれません。

学費の安い専門学校を選ぶ方法

学校のカリキュラムやコース内容によって学費が変わるのであれば、できるだけ安いところを選びたいというのは誰しもが考えることです。漫画の専門学校では通常の昼間に授業を行っているコースの他に夜間コースを設けているところがあります。夜間コースは昼間コースに比べて学費が安い場合が多く、カリキュラム内容も時間に余裕を持てる内容であるのでおすすめです。夜間コースであれば働きながら学ぶことが可能なので、現在社会人である方も安心して通うことができます。いくら学費が安くても自宅から遠かったり交通手段が大変であれば、多くの時間と費用を要してしまいます。そういった事を防ぐためにも、通信制の専門学校はおすすめです。通信制であれば学校へ通うための交通費の必要性がありませんし、自宅でいつでも都合の良い時間に学習を進めることができます。

比較検討のために資料請求を

それぞれの学校にはその学校だけの個性や魅力、メリットがあるものです。学費が安くメリットの高い学校を選ぶには、まずは資料請求をして比較検討をするのがいちばん効果的です。その際には学費の安さだけでなくカリキュラムの内容や卒業生の進路などをチェックする事も忘れないでください。

まとめ

学費を節約するためには、さまざまな専門学校を比較検討してみることが何よりも大切です。その際には学費だけでなくその学校で学べばどのようなメリットがあり、どのように自分にプラスになるのかという事を考えるのを忘れないでください。”

漫画の専門学校って行く意味はあるの?独学で持ち込みとかは?

漫画家を目指したい、漫画を描いて多くの人に読んでもらいたい、夢は膨らみます。でもどうやってとなると、実はいくつかの方法があるのですね。独学で1人で描いて持ち込みをするか、それとも専門学校で学んでみるかです。

漫画の専門学校って行く意味はあるの

漫画というのは実際のところ、自分だけでも描いて編集部に持ち込んで、ということが出来るのは事実です。また独学で学びつつ、現役漫画家のアシスタントをしながら、ストーリー構成やコマ割りの効果的な方法など学んでいくことも出来ます。諦めさえしなければ、他の仕事をしながらでも書き続けることは出来るのです。こう考えると、漫画の専門学校へ入る必要があるのだろうか、と疑問に思ってしまいますね。お金と時間をかけてまで専門学校に行く意味はあるのでしょうか。

こんな人にはおすすめ漫画の専門学校

子供の頃からずっと漫画家目指して描いてきた、周囲にも見せてあれこれ感想をもらってきたという人、持ちろんいますよね。自分でもかなり絵はうまいと思うしデッサンも出来ていると思うという、技術もそれなりに持っている人たちです。実はこういった人の場合は、専門学校への進学よりも編集部への持ち込みをおすすめしたいです。すでにある程度描けていて、自分の欠点も長所も把握していれば、後は前に進むだけです。しかし、デッサンなど勉強してこなかった、適当にノートに描いてきただけという人の場合、デッサンを勉強するという一点でも、専門学校での勉強はおすすめしたいです。どんなデフォルメされた絵でも、その底辺には緻密なデッサンが潜んでいます。瞬間漫画家ではない、後々まで記憶に残るような漫画家になりたい場合、最低でもデッサンはきちんとしておきたいですね。つまり、基礎がしっかりと入っていない人の場合、憧れだけ先行している人には、漫画の専門学校は非常にお役立ちだということです。用具の使い方からお絵かきソフトの使い方、人物や静物のデッサンにストーリー構成まで、漫画の基礎を叩き込んでくれるのが、専門学校です。また独学は長いけどあまり他の人に見せてこなかったなどという人、自分の作品を客観的に批評してもらってこなかった人にも、専門学校はおすすめですね。

まとめ

すでにある程度の技術とオリジナリティのある人の場合、専門学校での受業よりも実践のほうがその後のコースの短縮になります。でも基礎を位置からという人の場合、作品を誰かに評価してもらいたいという場合は、専門学校は大変に役立ってくれます。上手に利用して、この先の漫画家への道を作り上げてください。”

漫画家を目指すなら!専門学校へ通うメリット

将来漫画家になりたいという人にとっては、漫画を学ぶ方法はいくつかあります。独学でも技術を磨いたりできますが、やはり、専門学校に通う方が短期間で実力を身に付けることができます。そこで、専門学校に通うメリットについて、紹介しましょう。

最短コースで基礎から身に付けられる

独学で漫画を学ぶ場合、技術や道具の使い方など、思考錯誤しながら自分で模索していかないといけません。1つの過程をマスターするのにも時間がかかりますし、正しい方法かどうかも怪しい場合があります。専門学校に通う場合、基礎から徐々に積み上げていくことができます。カリキュラムに沿って学習することで、最短コースで漫画家になる技術や知識などを身に付けていくことができます。必要なことを効率よく学ぶことができて、最短コースで漫画家への道を目指せるというのがメリットです。

プロから学べて卒業後のサポートもあり

専門学校にもよりますが、プロの漫画家が指導してくれる学校もあります。現場でプロとして実際に仕事をしている人から直接学ぶことができますから、知識やノウハウだけでなく得るものも大きいです。実際の経験を話してくれたり、リアルな体験に基づいた指導を受けられます。専門学校はプロの人や雑誌社などと提携している場合もありますから、卒業後の就職サポートなどに期待できます。漫画家としてデビューする道もありますし、雑誌社やデザイン会社など、希望に応じた会社への就職という道も開けます。独学では得られない手厚いサポートがありますから、実際の仕事にそれだけ早く就くことができます。

友達ができてモチベーションが上がる

大学などでも友達はできますが、目指しているゴールは人それぞれです。漫画の専門学校の場合、みんな漫画家やイラストレーターなど、同じジャンルの道を目指している仲間達です。趣味の話も合いますし、学習過程でもお互いにモチベーションを高めながら通うことができます。ちょっと嫌なことがあったり挫折しかかった時があっても、仲間同士で励まし合って解決しやすいです。何より、趣味が同じ友達ができますから、プライベートも学校でも楽しいというのが一番のメリットです。

まとめ

漫画の専門学校では、アナログやデジタルなど手法を問わない色んな知識や技術を身に付けられます。1人では準備できないような設備を心置きなく使えますし、自分の将来の夢をかなえやすくなります。独学で頑張るよりもはるかにメリットが多いです。”

漫画の専門学校にも認可校ってあるの?メリットは?

専門学校を調べている時に、認可校無認可校と言った文字を見ることはないですか。これは一体何なのでしょう。誰に認可されてどんなメリットが有るか知っておきたいですね。漫画の専門学校でも、認可校と無認可校があるので違いを知っておくと学校選びのポイントになりますよ。

認可校って誰に認可された学校

認可校とは一定の基準を満たすことで、公的認可を受けている学校のことです。公的認可というのは、市立国立公立で違ってきますが、都道府県知事、教育委員会、文部科学大臣の認可ということです。これを受けるための専門学校の基準は、授業時間年間800単位時間以上、夜間では450単位時間以上、就業年数は1年以上などというものがあります。しっかりとした基準で作られているので、それなりに安心して学べますが、学校側はある程度の法律の基準内での拘束があるのですね。無認可校はこれらがないので、法的な保護が受けられませんが、その代わりに設置などは自由に行なえます。

漫画の専門学校って認可校と無認可校のどちらを選んだほうがいい

入学の年齢からして、無認可校と認可校では違ってきます。認可校の受験資格は、高卒程度以上のものが求められます。なので中学卒業後にすぐに漫画を学びたいと思っても、高校卒業程度の学力がないと入れない、ということですね。中卒でどうしても専門学校で漫画を学びたい場合は、無認可校での出発になります。この無認可と認可と言う言葉自体で、どうも無認可って怪しい感じが、と思われてしまいますが特にそういう事はありません。要は、公的認可を受けているかいないかの差だけです。受業の時間数などは、無認可校でもしっかりとカリキュラムを組んでいるところもありますので、そのあたり調べての入学なら問題ありません。ただ学割や奨学金などの支援を受けられるのは、認可校だけです。また認可校の場合は、2年以上の過程を修了していれば学歴として記載が出来ますし、4年制の大学への編入も可能になります。これらの利点が認可校にはありますが、しかし漫画の専門学校という点においては、大学編入とかはあまり魅力がありませんね。名より実を取るほうが、漫画などの特殊技術職には必要になります。ただスポンサーである親を安心させるという点では、認可校のほうが何かと説得しやすいのは事実です。そのあたりも計算に入れて、認可校にするか無認可で始めるかを決めてみてください。

まとめ

認可と無認可、言葉に踊らされてしまいますが、漫画を学ぶ描くと言う自分の意志がはっきりしていれば、どちらを選んでも大差ありません。いい無認可校なら、認可校に負けないカリキュラムを組んでくれています。ただ認可校の場合、2年の終了時には学歴として履歴書などに記載が出来る、と言う強みがあります。言い方は悪いですが、これ逃げ道というか潰しを効かせるには結構役立つものです。メリットもデメリットも熟考の上、進学先を決めていってください。”