社会人になっても漫画家目指したい!専門学校で学んでみよう!

学生時代は漫画家になろうと、随分絵も描いたし時には投稿もしたけれど、でも夢に終わってしまったと言う人は決して少なくありません。でも社会人になって生活も落ち着いてくると、できればあの夢追をもう一度追いかけてみたいと思うこともありますね。そんな人におすすめなのが、漫画の専門学校なのです。

社会人だからこそ専門学校に

毎日の生活のために会社に通っている社会人でも、やはり夢をもう一度と考えることもあります。しかし自分が若い頃、学生時代の漫画のテクニックや投稿方法と、今の状況は随分と変化していますね、アナログでしか描いてこなかった人の場合、まずデジタルのお絵かきソフトの習得が必要です。デジタルをやってきた人でも、お絵かきソフトの進化はめざましく、今のものだと使い方から学び直しということもあります。これは独学では厳しいですね。それに加えて仕事というものがあります。独学でやっていこうと思っても、今日は仕事が忙しいからそっちを優先とか、同僚と飲みに行って遅くなったから今日は無理、などということにもなりかねないのです。社会人の独学は、漫画はもちろんのこと何にせよ、誘惑との戦いや自分との戦いがまずしなくてはいけないことなのですね。何より先に、漫画のためのスケジュールをを先行して入れてしまえば、そこを抑えておけば勉強するのも捗るというものです。

社会人におすすめの漫画の専門学校は

社会人の場合、漫画を学んでいつかは漫画家デビューと思っていても、今の生活の手段である勤め先をサクッと辞められるとは限りません。なので仕事をしながらの勉強になりますね。利用したいのは、専門学校の夜間部です。全日制の方は、例えば長期休暇を取れば通えないとは言えません。でも1年から2年ですので、結構難しいものがあります。やはりおすすめは、夜間の授業です。全日制に比べると月謝も安く、授業期間も短いのが特徴の夜間コースです。その代わり、課題などが多く出されますので、家での自習時間は必要になってきます。しかし単に独学でコツコツ描くのと、もらった課題をこなすのと比べてみると、課題をこなすほうが課題提出の期限もあるので、捗るのは間違いありません。何より社会人の場合、どうしても時間というものの余裕がありません。それをどうやりくりして漫画の勉強に当てるかが、最大の課題です。専門学校の夜間部なら、最新の技術の使い方も教えてくれますし、多くの課題を出してくれるので勉強もはかどりますね。

まとめ

社会人の漫画に対する夢は、ある意味学生などの若い人よりも熟成してきた分大きくなっています。でも残念なことに、意欲とテクニックが比例していない、漫画を描かない時期が長すぎて、技術の進歩が早すぎてどうにもならないと言う場合が多いのです。そんな時には自分だけで頑張るのではなく、専門学校の夜間部で学んでみましょう。

漫画を専門学校で学んでみたい!オープンキャンパス利用しよう!

漫画の専門学校で、専門的な授業を受けていつかは漫画家デビュー、そんな夢を抱いている若い人は跡を絶ちません。実際多くの新人漫画家が、専門学校卒業後にデビューしています。自分もそれに続けと張り切る人も多いですね。でも専門学校、あまりにたくさんあってどこにすればいいのか、まずそこで悩んでしまう人も少なくないのです。

漫画の専門学校を選ぶ時に

漫画家への夢を抱いて専門学校への進学を決めたら、具体的にどの学校にするかを考えなくてはなりません。自宅から通うなら、それほど離れていない地域にある学校をまずターゲットにするのがいいですね。自宅からの通学ができれば、住居費などかからないのでお金のない若い人の場合、これが最もおすすめの通学です。次に費用なども、親がかりの人は特に親とも相談の上考えていかなくてはなりません。また学校の設備の状況、講師の質、卒業後のケアなどもできるだけ早めに掴んでおきたい情報です。もちろん各学校のホームページ等には、それなりの情報も載っています。これも参考になりますが、百聞は一見にしかず、実際に学校に行ってみて雰囲気なども感じておきたいですね。なのでおすすめしたいのが、オープンキャンパスです。

オープンキャンパス利用してその学校の雰囲気や授業を実感する

古くはオープンキャンパスというと、いわゆる文化祭のイメージでした。今でもそういった催し物のことも、同じくオープンキャンパスと呼んでいます。ただ近ごろの専門学校の場合、授業体験のような催し物をオープンキャンパスと呼んでいることが多いのですね。実際の教室で、授業の体験ができるので、その学校の雰囲気を掴んだり受業傾向を感じたりすることが出来ます。受業に使っているお絵かきソフトの確認もできますし、その学校で使っている絵のための道具も確認ができます。特にお絵かきソフトは最新のものを使用しているか、これ大事ですね。オープンキャンパスなら、これらの確認ができる上に体験授業が受けられるので、まずこれに参加したいものです。これは普通の文化祭などと違って、予めの予約が必要になっています。各学校のホームページ細かい予定など載っていますので、確認の上申し込んでください。この時に卒業後のアフターケアのことなども聞くことが出来ますので、質問事項なども用意しておくとベストです。

まとめ

漫画の専門学校の数は、本当に多くなりました。なので専門学校に入りたいと思った場合、選択肢が多くていい学校を選ぶことが可能な反面、どこを選べばいいのか自分に向いた学校はどれなのか、迷うことになります。オープンキャンパスは体験授業の受けられる貴重な機会です。時間が許す限りあちこちの学校で体験授業を受けて、最も自分に合った学校を選んでください。”

漫画の専門学校は入試が必要?専門学校は誰でも入れるのでは?

専門学校と大学の一番の違いといえば、入試があるか無いかだと言われます。実際専門学校の場合入試がなくて門戸が広いのが、一番の特徴です。でも漫画の専門学校を目指して調べていると、入試日程などの文字が目に飛び込んでくることがありますね。これは一体何なのでしょうか。

普通の入学ならもちろん入試はないのが一般的だが

漫画だけでなく他の分野の専門学校でも、特殊な場合以外は入試というものはありません。入学申し込みは早いもの勝ち、と言うことですね。定員数に達したら、そこで打ち切るというのが普通です。ただ漫画の場合特殊技術でもありますので、学校によっては入試を行っているところもあります。学校自体の受業のレベルが高く、入学時にはそれなりの技術が必要、と言う学校の場合はこうした入試が行われます。すでにある程度の技術を持ってその先に進みたい場合、こうした学校での勉強がおすすめですね。しかし完全初心者、もしくはある程度独学していただけという、技術自体が初心者の域を出ない場合は、入試制度を持たない学校で学びたいところです。ネットのホームページで調べて、お目当ての学校がどういう入学システムをとっているのかも、確認しておきたいですね。

一般以外にも入試がある学校の

一般入試以外にも、入試の文字が見える場合があります。これらは特待生や、AO入試と呼ばれる制度のものですね。特待生の場合、授業料が免除になるなどの特典が受けられます。もちろんと言っては何ですが、それだけ将来性のある学生だけに適用されるものです。自分の技術やストーリー構成などに自信がある場合、受けてみることをおすすめしたいです。ダメ元でも受けてみて、自分の技術を客観的に確認する意味でも収穫になります。AO入試についてですが、これは申込みが各学校のオープンキャンパスでのことが多いです。予めの申し込みが必要ですが、これに受かって特待生にまでなると特典が多いので、オープンキャンパスに参加した時に申し込みしておくのがおすすめです。エントリー期間が決まっていますので、充分に注意しておいてください。学校によって特典も違ってきますので、そこもよく注意して見てくださいね。

まとめ

入試って大学じゃあるまいし、と思うかもしれませんが漫画は特殊技能職です。学校側もできるだけ、技術のしっかりとした学生を入学させ、送り出したいと考えているのは事実です。入試のある学校は要は、それだけ技術力の高い学生を求めています。力試しだと思って、受けてみてはいかがですか。”

町田で漫画を学べる専門学校は?

本気で漫画家になりたいと思うなら、自分一人で描いているだけでは難しいものです。専門学校などでプロの技から学び、また、同じ志を持つ仲間と切磋琢磨することで技術が磨かれるものです。漫画を学べる専門学校は町田にもあるのでしょうか。

町田デザイン専門学校

町田デザイン専門学校は、小田急線町田駅から徒歩3分・JR町田駅からは7分ほどの静かな住宅街の中にあります。グラフィックデザインやアニメーションなど様々なデザイン関連の学科がありますが、漫画家を目指す人は2年制の「まんが科」を選ぶといいでしょう。その他イラストレーション科やコミックイラスト科などもあります。まんが科ではプロの漫画家が個別指導をしてくれます。絵を描く技術だけでなく、ストーリー構成の方法なども細かく指導してくれます。また、漫画家になるには、漫画誌に投稿したり、賞をとったりすることが必要です。このような活動に関しても、指導を行っています。絵やストーリーの技術を身に着けて、実力を高め、デビューまでこぎつけるために、このような指導があるのは心強いですね。この専門学校の卒業生には、週刊少年ジャンプやヤングジャンプ、月刊ちゃお、りぼん、といった様々な有名なまんが誌でデビューした人がいます。

町田から通学可能な専門学校

専門学校には相性もあるので、一つの学校だけを見て決めるのは得策ではありません。講師の先生も様々なので自分にあっているかどうか比較して確認する必要があります。そのため町田デザイン専門学校以外の学校もいくつか見ておくとよいでしょう。町田からはJRを使って横浜方面に向かい、1時間以内で通える専門学校もあります。例えば、横浜駅から徒歩7分のヒューマンアカデミー横浜校マンガカレッジがあります。また、小田急線を使い、都内に出ればたくさんの専門学校があります。その中でも町田から1時間ほどで通える専門学校としては、例えば、恵比寿駅から徒歩5分のアミューズメントメディア総合学院マンガイラスト学科をあげることができます。先述したヒューマンアカデミーには新宿校もあり、新宿駅から徒歩5分のところにあります。

まとめ

漫画家になるために自分一人で様々な試行錯誤をしている人は多いと思います。しかしきちんとした指導を受けることでぐっと実力はアップするものです。町田周辺でも漫画家を目指し、デビューを果たした人は何人もいます。専門学校で漫画家への第一歩をふみだしましょう。”

漫画の専門学校に夜間コースはある?

中学生や高校生の時から漫画家を目指しているという方は多いでしょうが、社会人になってからもう一度夢を追いかけたいと思う人もいることでしょう。そういった場合、働きながら漫画について学べる夜間の専門学校があればとてもうれしいものです。

漫画の専門学校に夜間コースはある?

多くの専門学校が夜間コースを設けています。単純に中間部の授業内容を夜の時間帯に受講するというのではなく、夜間だけの特別講座や科目を設けているところもあり、その科目だけ受講することも可能です。漫画の専門学校には、漫画を目指す人はもちろん、イラストレーターやキャラクターデザイナーなどの多くの分野や職種を目指す人達が一度に学んでいます。それぞれの人のニーズに応えることができるよう、どの専門学校もさまざまな講座を設けており、中間でも夜間でも自分の都合の良い時間帯に好きな講座を学ぶ事も可能なのです。既に進学や就職をしてしまってから、もう一度漫画についての勉強をしたいと思った方や、子どもの頃からの夢をやっぱりあきらめたくないという方にも無理なく通えるのが夜間の漫画専門学校です。

夜間コースに通う学生はどんな人たちが多い?

多くの専門学校が夜間コースを設けていることは分かりましたが、そこに通う学生はどのような人達が多いのでしょうか。漫画の専門学校の夜間コースに通う学生には、社会人はもちろん大学とのダブルスクールをしている学生、そして主婦やフリーターなどがいます。皆、本業や日常生活と両立させながらしっかりと漫画の勉強をすすめ、夢に向かって着実に歩んでいる人たちです。そういった人たちに向けて、夜間コースではさまざまな講座やカリキュラムが用意されています。年齢や境遇などは違っても同じ夢や目標に向かって歩んでいる人たちばかりですから、きっとすぐになじめることでしょう。夜間コースは毎日通わなければいけないというものもありますが、中には週数回で良いものもたくさんあります。本業やプライベートのライフスタイルとの両立が不安だった方は、無理のないペースで学習を進めていけるコースを選んでみると良いでしょう。

まとめ

社会人になってからもう一度夢に向かって頑張ったり新たなことを学習するのはとても素敵なことです。夜間コースのある漫画の専門学校なら仕事や日常生活などと無理なく両立させながら漫画についてのスキルを習得できます。”