将来漫画家になるために専門学校を選ぶなら、コツを見逃さないようにしてください。よく考えずに適当に選んだりすると、失敗することがあります。これから紹介するポイントをしっかり意識して、上手に選ぶようにしましょう。参考⇒「私が絶対おすすめするイラスト・アニメ・漫画専門学校・通信講座ランキング」

授業の内容が合っているか

専門学校の授業内容は、3つの中でも特に重要なポイントになってきます。なぜなら、授業の内容が自分に合わないところを選んでも、きちんと勉強することができないからです。知識や技術を思うように身につけられない学校では、通っても意味がありません。漫画家には、基礎的な絵の授業だけでなく、最新のデジタル技術やストーリーの作り方など、さまざまな要素が必要になってきます。重要なことを教えてもらえるかチェックして、慎重に選ぶようにしましょう。そのときは、演習の多さにも注目してください。実践的な授業が多いと、頭の中だけで理解するより、ずっと力がつきやすくなります。

人数が多すぎないか

やたらと人数が多い学校には、注意が必要です。仲間がたくさんいると、協力しながらに楽しく勉強できそうですが、良いことばかりではありません。1クラスの人数が多すぎると、先生の手が足りなくなります。教える人数が多すぎるため、それぞれに割く時間がどうしても短くなるのです。たくさん質問したくても、自分だけが時間をとるわけにはいかず、困ってしまうこともあります。そうしたデメリットを避けるには、クラスの人数が多すぎないことをチェックしていきましょう。適度な人数なら余裕ができるため、勉強しやすくなります。

どんな実績があるか

実績がない専門学校に通っても、将来の仕事にはつながりません。出版社との距離が近いところを選ぶと、プロデビューへの流れが作りやすくなります。自力で距離を詰めるのは難しいので、適した専門学校を選び、失敗を防ぐようにしてください。上手な選び方をするなら、質より量に注目することも大切です。知名度の高い漫画家が1人だけ排出されている学校よりは、あまり有名でなくても、複数のプロを輩出している学校の方が信頼できます。1人だけだと運という可能性もあるので、より確実な方を優先していきましょう。

まとめ

漫画家の専門学校を選ぶときは、本当に自分のプラスになるか、よく考えるようにしてください。授業内容やクラスの人数、実績にデメリットとなる部分がなければ、安心して通うことができます。最適な学校を見つけて、どんどん勉強しましょう。”